2016
3
Mar

1 基本の「き」1.3 簡単キレイの小ワザ

桃の花のラインを生かした花活け

今日は桃の節句、ひなまつりですね。
大人しかいない家なので、もう長いこと雛人形は飾っていないのですがせっかくなので、いつもの花活けに桃の花をプラスしてなんとなく気分を味わおうと思います。

 

カタチの異なる花器を2つ使って活けました。
大きな花びんを持っていない方、枝物を長く使いたいけど倒れてきちゃうという方にオススメの活け方です。

 

丈の長いものを細長い花器にまとめて活け、横に広がる花材を活けた花器を高いほうの足元に置けば、高さもボリュームも自由自在。枝物はラインを活かして長めに活けたほうが美しい。飾るスペースに合わせて最適なバランスを見つけてくださいね。
 

花器の下にお皿やランチョンマットなどを敷くと、まとまり良く見えます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。